届いたゴミ箱。便利ではあるが3つもいらない……

写真拡大

 9月19日のことだった。

 朝、宅配便が来た。Amazonの荷物だ。ふだんからAmazonは頻繁に使っている。本を買うことが多いが、日用雑貨や食品、衣類もときどき買っている。

「なに頼んだっけ?」と思いつつ、サインをして受け取る。たいていは箱を開けて、「ああ、これか」と注文を思い出すことが多い。

 だが、その日は違った。

 出てきたのは、ノートパソコン用の冷却ファンと、小型の除湿機だ。注文していないし、そもそも自分には必要がない。あると嬉しいのは除湿機よりも加湿器だ。なお、代引きではない。

 配送業者が間違ったのか? 最初はそう思った。

 過去にも、一度だけそのようなことがあった。そのときはダンボールを開封して気づき、すぐに配送業者に電話をしてことなきを得た。

 ただ、今回は宛先も私の自宅となっている。住所も名前も間違っておらず、携帯電話の番号もある。どうも誤りではない。その一方で、送り主はAmazonとなっていて、それ以上のことはわからない。

 なんだ、これは?

◆カード不正利用か、誤発注!?

 品番をもとに商品を調べると、冷却ファンは2160円、小型除湿機は7200円程度するものだった。足して1万円弱。メーカーはともにまったく知らないところだ。高額ではないが、安いと言えるほどでもない。まったく必要ないものに、それだけのお金を払う気はもちろんない。

 そうなると、まず疑うのはクレジットカードの不正利用だ。どこかの業者が勝手に私のクレジットカード番号を使い、自分たちの商品を送りつけている可能性がある。あるいは、私のパソコン自体がなんらかのウィルスに感染して、遠隔操作をされているかもしれない。

 次に疑われるのは、自分の誤発注だ。誤ってカートのなかに商品を入れて注文してしまったのかもしれない。過去にも同じ本を2冊買ってしまったことが一度だけある。そのときは返品をしたので、手数料を抜いた分は戻ってきた。

 慌てて、Amazonの注文履歴を確認する。

 だが注文履歴には、いっさいそうした形跡はない。そもそも加湿器もノートパソコン用冷却ファンも必要ないから、そうした商品をチェックしたことはない。カートに入れることなどない。

 また、私はそもそもお酒があまり強くないので、記憶がなくなるまで飲むようなことはない。週に1回お酒を飲むかどうかという程度。なので、酩酊して誤発注することもない。

 となると、クレジットカードの不正利用か! と思って利用履歴をチェックすると、そこも異常なし。

 なんだこれは?

◆次々届く、ビミョーな商品

 海外でクレジットカードの不正利用があった場合は、数日遅れて記録されるのかも──なんて思いながら、それを放置すること約10日。

 また頼んでない荷物がAmazonから届いた。9月末のことだ。

 今度は、プラスチック製のゴミ箱3つ。30センチ四方の小さなもので、すべて同じ商品。小さいゴミ箱は、100円ショップの小さいものをひとつ使っていたのでそっちよりはいい。だけども、3つもいらない。

 今回もAmazonの注文履歴やクレジットカードの履歴を確認したが、まったく購入した形跡はない。

 この時期、私は仕事で多忙を極めていた。そんななかAmazonから届く商品の謎を調べる余裕はなく、とくに実害もない。商品を受け取るのが面倒なのと、届いた商品が物理的にちょっとしたスペースを専有するくらい。商品の処分をどうしようかなぁと思ってはいたが。

 そんなことを頭の片隅に置きながら、さらに4日後。また届いた。

 今度は、小型の映像プロジェクターだ。私の仕事的には、ちょっと嬉しい。最近プロジェクターが小型化して性能が良いという話も耳にしていた。が、開けてみると懐かしい赤と黄色のケーブルで接続する古いタイプのもの。いまどきHDMI接続できないって……。