宅配便がストップし、電子マネーが使えなくなり、固定電話にも影響が出たきのう6日(2018年12月)に発生したソフトバンクやワイモバイルの通信障害は、私たちの暮しがいかにスマホなどの機器にいかに依存しているかを浮き彫りにした。

モーニングショーも驚きに声が相次いだ。

司会の羽鳥慎一「思い知らされた感じですね」

作家の吉永みち子「若い人の『携帯いのち』というのが、文字通りそうなりました。テレビの街頭のインタビューを聞いていたら、生まれて初めて公衆電話を使うという人もいましたね。119番が繋がらないのは、まさに命の危険です」

長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「今後、スマホにあらゆる機能が集約される時代が来ると言われているけど、こういうことがあると、これでいいのかなということも、考えた方がいいですよ」