賛成多数で改正案成立 民間業者介入で水道代が高くなる可能性も

ざっくり言うと

  • 改正水道法が、与党などの賛成多数で可決・成立した
  • 運営権を民間に売却する「コンセッション方式」を導入する
  • 野党は、民間業者が事業を担うと料金が高くなると懸念を示していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング