もし自分の子どもが発達障害だったら?指摘され初めて気づくことも

ざっくり言うと

  • 幼少期の子どもは発育や発達に個人差があり、発達障害が見分けにくいという
  • 兆候は定期検診の際に専門家に指摘されて初めて気がつくことが多いとのこと
  • 発達障害の子を育てる上では行政が提供するサービスなどを活用すべきだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x