©BS朝日

写真拡大 (全5枚)

2018年12月1日(土)午前10時、「新4K8K衛星放送」がスタートした。

©BS朝日

同日都内のホテルで開催された「新4K8K衛星放送開始セレモニー」には約600人が出席。石田真敏総務大臣、大久保好男日本民間放送連盟会長ら来賓挨拶の後、“4K8K推進キャラクター”の深田恭子が登場した。

©BS朝日

©BS朝日

深田は「今日からは家に帰って4K放送が見られるんですね。いよいよ別世界の始まりですね」と興奮冷めやらぬ様子。石田総務大臣、BS朝日・菊地誠一代表取締役社長ら4K放送を始める9放送局の代表者が、深田と一緒に放送開始のカウントダウンとボタン押しを行い、歴史的瞬間をむかえた。

©BS朝日

4K放送開始後は、会場のモニターで各放送局の番組を紹介。「BS朝日4K」で放送された“BS4K放送開始記念・民放4社共同企画”の『BS4K開始“初”生特番 〜日本で最高に美しい映像お見せします〜』も映し出され、美しく臨場感ある同番組の映像に会場からは感嘆の声があがった。

同イベントではさらに、一般社団法人 放送サービス高度化推進協会(A-PAB)が作成した深田恭子のPR映像や「新4K8K衛星放送 番組ガイド」、各局オススメの番組のPR映像も上映。

いよいよスタートした4K放送のさらなる盛り上がりを予感させるイベントとなった。