テラスハウス卒業の池添俊亮くんの恋愛観に迫る!これまでの恋愛について教えて!

写真拡大 (全7枚)

軽井沢を舞台に現在Netflixで配信中の人気リアリティーショー『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS(テラスハウス オープニング ニュー ドアーズ)』に出演し、自身がバイセクシャルであることをカミングアウトしたことで話題の、池添俊亮くん。

いままさに注目の的である彼に、4回にわたって“恋愛”について語ってもらいました!第2回目の今回は、池添くんの過去の恋愛や好きなタイプを聞いてみたよ!

相手が男か女かで好きなタイプは違うかも!

――好きなタイプを教えてください!
めっちゃ普通な答えになるんですけど、“優しい人”(笑)。それが男女問わず共通する部分。でも女性だったら女の子らしい人、男性だったら男らしい人、かな。結構両極端かもしれないです!

――じゃあ“こういう人!”っていうよりも、男女で全く違うタイプの人を好きになる!?
そうですね、真逆です!周りからよく、男性を好きになる場合は中性的な人が多いの?って、聞かれるんですけど。どちらかと言うと、男性らしい人、女性らしい人、って、はっきりしてるかもしれないです。

――例えば付き合うと、相手によって自分の立場が変わったりするんですか?
いや〜、でも付き合ったら受け身かもしれないです。引っ張っていけないタイプ(笑)。それは男女変わらず、だと思います。まあ、これまで男性と付き合ったことはないので、想像ですけど。

たぶん誰と付き合っても自分は受け身だろうなと。だから、引っ張っていってほしい(笑)!

過去の恋愛は受け身。テラスハウスではアプローチしたかった

――初めて付き合ったのはいつ?
中3ですね。小学校から同じ、同級生の女の子。色白で、細くて、ロングヘアーで。学年でも目立つ存在の子でした。

――付き合ったきっかけは?
彼女から告白してくれました。ほんとに受け身で、自分から告白したことがなくて。可愛いな〜とは思ってたんですけど、草食すぎて自分からはいけない(笑)。だから告白されてから、彼女のことを好きになりました。

――その彼女とはなぜ別れちゃったんですか?
…ちゃんと別れなかったと思います。自然消滅みたいな。お互いもういいかなって感じのときに、彼女が他に好きな人がいるんだろうなって気づいて。

でも、それについて触れないし、別れようとも言わずに、もう連絡もだんだん取らなくなっていってたんです。気づいたら彼女は別の人と付き合ってた、みたいな感じで。

――今まで失恋した経験は?
特にはなくて。たぶん失恋したくないから、自分からいかなかったのかなって。告白しなければフラれることもないじゃないですか。傷つきたくなかったんです。

でも、守りに入ってちゃダメだなって思って、テラスハウスでは自分からアプローチしようって決めていたんです。

次は年上の人と付き合ってみたい!

――恋愛での切り替えは、早いほう? 引きずりやすい?
早いほうだと思います。
最後に彼女がいたのが2年半前とかなんですけど、その子と別れたのも、上京するのがきっかけで。遠距離になっちゃうし…会えないなら付き合ってても、って思っちゃって別れたんです。だから嫌いになったとかじゃなくて、好きだったけど別れてって感じで。

で、いざ離れてみると…次に進もうって、自然と思えて。だからほんと、性格的に(笑)。

――遠距離は苦手なんですか?
会えないのに付き合ってたら余計辛い…。だったら別れたほうがいいかなって! 彼女にも、最初は納得できないって言われてちょっと喧嘩になっちゃいましたけど、ちゃんとお互い納得してお別れできました。

――将来、ずっと一緒いたいと思える人はどんな人? また、今後どんな恋愛がしてみたいですか?

う〜ん…。自分が精神年齢低くてわがままなんで、それを寛大に受けて止めてくれる人(笑)。昔から年上好きなんですけど、実際年上と付き合ったことはなくて。

でも、付き合った人は同い年や1個下が多かったけど、みんな姉御肌というか、ちょっと引っ張ってってくれるような人が多かったかな。

だから自分よりも年上、というか精神年齢が上で、余裕のある人と付き合ったら、長続きするのかなって。だから次は年上の人と付き合ってみたいな。

2回にわたってたっぷり池添くんの恋愛観をお届けしました!

次回からは、よく女友達から恋愛相談を受けるという池添くんに、実際の恋愛お悩み相談をしてもらうよ!お楽しみに!
<Photo:Tatsuhiro Haraji>