株式会社ウェイブダッシュが、12月3日、同社が運営するフリーマーケットサイト「ムスビー」における、2018年11月の中古スマホ・中古携帯売り上げランキングを発表した。販売終了が発表された「iPhone SE」の需要が急増し、4ヶ月連続となる1位を獲得。他にもiPhone6s、iPhone7といったiPhoneの旧機種が人気を集めている。

2018年11月の中古スマホ売り上げランキングは、国内版SIMフリーの「iPhone SE」が4ヶ月連続となる1位を獲得した。同機種は、販売終了が発表されてから注文が急増し、平均価格が7月/28,901円、8月/30,003円、9月/30,936円、10月/34,099円と値上がり傾向にあるにもかかわらず、注文の勢いが止まらない独走状態が続く。11月は少し値が下がり、落ち着いてきた印象があるが、引き続き、以前より高い価格水準を維持している状況だ。

売り上げ人気ランキングでは、続いて、iPhone6s(国内版SIMフリー)、 iPhone7(国内版SIMフリー)といずれもiPhoneのSIMフリー版旧機種が続き、ベスト10のうち9機種をiPhoneが占める結果となった。

Android勢は、au版の「Galaxy S9(2018夏モデル)」が先月の19位から6位へと急上昇し、Android機としては8ヶ月ぶりとなる総合ランキング入りを果たしている。

Galaxy S9シリーズは2018年5月に発売され、5月の平均取引額はNTTドコモ版が120,302円、au版が107,025円と高額だったが、2018年10月にGalaxy Note9 シリーズが発売されたことにより、取引額が半額程度まで低下。発売から半年程度しか経過していない高スペック機種であるにも関わらず、発売当初の半額程度まで値下がりしたことで、人気が高まっていると思われる。

Android機のみの売上ランキングで見ると、1位「Galaxy S9 SCV38(au)」、2位「AQUOS sense SH-01K(NTTドコモ)」、3位「Xperia XZ SO-01J(NTTドコモ)」など。

ムスビー「中古スマホ人気ランキング」
URL:https://www.musbi.net/keitai/ranking.php

株式会社ウェイブダッシュ
URL:https://www.wavedash.co.jp/
2018/12/03