ロシアの眉毛も凍る極寒の中で氷採取 生活用水を確保

ざっくり言うと

  • ロシアで最も寒い都市として知られる、ヤクーツクの南70kmにある集落
  • 氷点下41度の寒さの中で、人々は大きな氷の塊を採取する
  • 冬季は極度に気温が低下するため、住民は氷を溶かし生活用水を確保している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x