2日、中山競馬場で行われた6R・中山2歳新馬戦(芝2000m)で1番人気、W.ビュイック騎乗、シェドゥーヴル(牡2・美浦・木村哲也)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にカミノシルヴィ(牝2・美浦・浅野洋一郎)、3着にエコロドリーム(牡2・美浦・岩戸孝樹)が入った。勝ちタイムは2:03.9(良)。

2番人気で大野拓弥騎乗、ゴールドフレーム(牡2・美浦・新開幸一)は、4着敗退。

【中山2歳新馬】デアフルーグが9馬身差の圧勝

直線大きく外にヨレるも…

父の血を継いだというのか、オルフェーヴルらしい破天荒な一面を見せるも直線早め先頭からなんとか押し切った。五分のスタートを切り中団からレースを進めるも、向こう正面でビュイック騎手がスローペースを嫌ってか一気に押し上げて行き、先頭に並びかけるように早め早めの展開に持ち込んだ。4角先頭で直線をむかえると、押し切りを図るもここから悪癖を発揮。外にヨレるような体勢となりながら、坂上でさらに外に大きく逃げて行った。ビュイック騎手も非常に追い辛そうな格好となったが、ラストなんとか立て直し、もうひと伸びして勝利を飾った。大きなロスがありながらも能力の高さで勝ちきったデビュー戦だった。

シェドゥーヴル 1戦1勝
(牡2・美浦・木村哲也)
父:オルフェーヴル
母:ヒルダズパッション
母父:Canadian Frontier
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム