ローマ法王が同性愛の「流行」に憂慮 聖職者への影響を懸念

ざっくり言うと

  • ローマ法王が、同性愛を「深刻な問題」と捉えて憂慮していることが分かった
  • 「私たちの社会では、同性愛が最新の流行であるかのようにみえる」と主張
  • 「そうした精神は何らかの形で教会の生活にも影響を及ぼす」と懸念している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x