桃田賢斗が3年ぶりの日本一に 速いショットに会場からはため息

ざっくり言うと

  • バドミントン全日本総合選手権で2日、桃田賢斗が男子シングルス決勝に出場
  • 西本拳太を21−9、18−21、21−11で下し、3年ぶりの日本一を決めた
  • 世界9位の西本でも対応できない速いショットに、会場からはため息が漏れた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x