厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第28回:シェドゥーヴル

 アメリカで今年、芝とダート両方のGIを制した馬がいる。

 ハーツクライ産駒のヨシダ(牡4歳)である。

 2016年にアメリカでデビューした同馬は、芝路線で頭角を現すと、3歳となった翌年に重賞を初制覇。そして4歳となった今年、5月のGIターフクラシックS(アメリカ・芝1800m)でGIタイトルを手にした。

 その後、6月には果敢にヨーロッパ遠征を敢行し、GIクイーンアンS(イギリス・芝1600m)に参戦。結果は5着に終わったものの、最後まで勝ち負けの争いに加わって、実力の一端を示した。

 そうして、快挙を成し遂げたのは、9月だった。初挑戦のダート戦、それもGIの舞台となるウッドワードS(アメリカ・ダート1800m)において、豪快な差し切り勝ちを披露。芝だけでなく、ダートでのGI制覇を果たしたのだ。

 続けて、アメリカGIの最高峰と称されるGIブリダーズカップクラシック(アメリカ・ダート2000m)に出走。歴戦の強豪馬には及ばなかったものの、直線で強襲して4着と善戦した。

 現在、アメリカを代表する活躍馬の1頭と言えるヨシダ。日本人にとって、馴染みのある名前なのは、日本のノーザンファームで生まれて、アメリカに輸出されたからだ。

 つまり、同馬の母は日本で繁殖生活を送っており、ヨシダの弟となる2歳馬がまもなくデビュー戦を迎える。

 美浦トレセン(茨城県)の木村哲也厩舎に所属するシェドゥーヴル(牡2歳/父オルフェーヴル)である。



兄ヨシダの活躍で、注目度が増しているシェドゥーヴル

 ヨシダの活躍もあって、一段と注目を集めているシェドゥーヴル。この若駒が持つ能力については、厩舎のスタッフも十分な感触を得ているようだ。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「調教を担当しているスタッフによれば、『集中してしっかり走ったときは、上質なスピードがある』とのこと。『素質はかなりのもの』と話しています。ただ、乗り手が促しても、やる気を見せなかったり、集中しなかったりということもあって、気難しい面を持ちあわせているようですね」

 オルフェーヴル産駒にはよく見られる”気難しさ”。それが、レースでどんな影響を及ぼすのか。シェドゥーヴル陣営の見解については、先述のトラックマンがこう語る。

「スタッフは、『直線できちんとスイッチが入れば、いい伸びを見せてくれそう』と話しています。一方で、普段から逆にスイッチが入りすぎることもあって、レース前にイレ込んでしまわないか、心配しています。

『パドックまではゆったり落ち着き、レースでスイッチが入ればいいんだけど……』と、スタッフは語っていました。(馬券検討においては)ファンも、そこをチェックしたほうがいいかもしれません」 初陣となるのは、12月2日の2歳新馬(中山・芝2000m)。アメリカで異例の活躍を見せるヨシダに続いて、シェドゥーヴルも歴史に名を刻むような存在となれるのか。目前に迫ったスタートの瞬間を楽しみにしたい。