ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 先週のジャパンCでは、3歳牝馬のアーモンドアイが想像どおりの強さを見せてくれました。

 2分20秒6という衝撃的なレコードを記録しての完勝。この快速時計は馬場の影響もあると思いますが、どんな競馬もできて、どの位置からでもあの驚異的な決め手を繰り出せるのですから、不安要素は極めて少なく、まさに”無敵”の存在です。牡馬を含めて”世代ナンバー1”であることを実証しましたね。

 こうなると、天皇賞・秋を制して古馬最強の座にいるレイデオロとの対決がますます見たくなりました。天皇賞・秋でコンマ2秒差の3着、ジャパンCでコンマ3秒差の2着だったキセキを単純な比較材料としても、2頭の力量差は甲乙つけ難いところ。そういう意味でも、力勝負となる東京・芝2400mを舞台とする今回のジャパンCで、両馬の対決が実現しなかったことがつくづく残念でなりません。

 さて、今年の3歳世代ナンバー1がアーモンドアイであることは間違いありませんが、それはあくまでも芝での話です。ダートとなれば、話は変わってきます。

 そう、ダート界には今週のGIチャンピオンズC(12月2日/中京・ダート1800m)で本命視されている、ルヴァンスレーヴ(牡3歳)がいるからです。

 同馬は、昨夏の新潟で後続に7馬身差をつける圧巻のデビューを飾ると、続く500万特別も難なく快勝し、暮れの地方交流GI全日本2歳優駿(川崎・ダート1600m)でも楽に突き抜けて3連勝を決めました。

 以降も、年明け初戦となるオープン特別の伏竜S(4月1日/中山・ダート1800m)こそ、小回りコースで差し遅れて2着に敗れたものの、ダート界の「ダービー」とも言われるGIIIユニコーンS(6月17日/東京・ダート1600m)で再び圧勝。続けて、地方交流GIのジャパンダートダービー(7月11日/大井・ダート2000m)でも、同世代の並み居る強豪を力でねじ伏せました。

 さらに、古馬初対戦となる地方交流GIのマイルCS南部杯(10月8日/盛岡・ダート1600m)まで制覇。しかも、ダート界の現役トップと思われるゴールドドリームを、これまた”横綱競馬”でねじ伏せる見事な勝利でした。こうして、ルヴァンスレーヴはデビューからわずか1年ほどで、ダート界のトップに躍り出たのです。

 確かにゴールドドリームは、地方交流GI帝王賞(6月27日/大井・ダート2000m)を激勝したあとの休み明けで、ルヴァンスレーヴとは斤量差もありました。しかし、内容的にはルヴァンスレーヴの完勝で、個人的には”勝負づけがあった”レースと見ています。

 これまで、全日本2歳優駿を勝つ中央の馬は、どうも早熟で、完成度の高さだけで勝利しているイメージがありました。事実、過去の勝ち馬を見れば、そうですよね?

 しかし、ルヴァンスレーヴはその常識を覆す結果を出し続けています。それこそ、2歳の間は素質だけで結果を出してきたのでしょう。

 要するに、2歳時には能力の5分以下で戦って、それでも結果を出せてしまった。それから、時が経つに連れて少しずつ成長していったゆえ、それに伴い相手のレベルが上がっていっても、結果を出し続けることができた、ということ。

 アーモンドアイほど絶対的な存在とは言えませんが、ルヴァンスレーヴにも通じるところはあると思います。

 ここを勝てば、正真正銘のダート界のトップに君臨することになります。そうなることを期待していますし、その姿をしっかり見届けたいと思っています。

 ライバルと目されていたのは、ゴールドドリーム。しかし、同馬は直前になって出走を回避。再戦が見られなくなってしまったのは、本当に残念です。できれば、来年2月のGIフェブラリーS(東京・ダート1600m)で、2頭の対決が実現することを祈りたいと思います。

 そうなると、ゴールドドリームに代わって古馬の一番手となるのは、先日のJBCクラシック(11月4日/京都・ダート1900m)を勝ったケイティブレイブ(牡5歳)でしょうか。

 とにかく、今年は充実した走りが目につきます。凡走したのは、超ハイペースのレースを番手で追いかけたフェブラリーS(2月18日)だけ。同レースは、芝並みのハイラップを刻んでいましたからね。前にいった面々はことごとく馬群に沈みましたし、11着という結果も仕方のないところでしょう。

 そのひと鞍を除けば、今年は5戦4勝、2着1回。そのうち、3鞍がGI級のレースですからね、地力は間違いなく強化されていると思います。

 昨年のこのレースは4着でしたが、今年は昨年以上の結果が期待されます。実際、現在の好調ぶりを考えれば、馬券圏内(3着以内)に入る可能性は十分にあるでしょう。

 ルヴァンスレーヴ、ケイティブレイブと来れば、オメガパフューム(牡3歳)も取り上げないわけにはいきません。

 ジャパンダートダービー2着馬で、ルヴァンスレーヴに次ぐ3歳世代ナンバー2の存在です。古馬と対戦した秋の2戦でも、GIIIシリウスS(9月29日/阪神・ダート2000m)1着、JBCクラシック2着と結果を残して、そのことを改めて証明しました。

 シリウスSではハンデ53kgと恵まれていましたが、初めて古馬と、それもオープンクラスの実力馬との対戦でも、何ら臆することなく”横綱競馬”で勝利。JBCクラシックでも、ケイティブレイブに迫る唯一の存在でした。

 この馬もまた、世代トップクラスの能力を備え、古馬相手でも上位を狙える力を秘めています。決して侮ることはできません。

 ここまで、3頭の有力馬を取り上げてきましたが、見方をガラッと変えて今回の「ヒモ穴馬」をピックアップしたいと思います。


チャンピオンズCでの大駆けが期待されるウェスタールンド

 面白いのは、ウェスタールンド(せん6歳)です。

 前走のGIII武蔵野S(11月10日/東京・ダート1600m)では7着。その結果、相当人気を落としそうですが、パトロールビデオをよく見ていただければわかるとおり、道中で何度も接触がありました。とくに3コーナーでは、外のインカンテーション(牡8歳)と激しくぶつかり合って、これでは競馬にならないのも仕方がありません。

 この1戦を除けば、ダートに矛先を変えてからの3戦は、すべて内容の濃いレースばかり。とりわけシリウスSでは、オメガパフュームにクビ差の2着に迫る圧巻の競馬を披露しました。

 距離を意識してか、道中は最後方で脚をためて追走。3コーナーを過ぎたあたりから、徐々に前との差を詰めていきました。そして、最終コーナーを迎えると、一気にインを強襲。直線では最内をうまくさばきながら、鋭く伸びてきたのです。

 かなり長く脚を使っていましたが、それでも最後、ゴール板を通過してもその勢いが失せることはありませんでした。まだまだ伸びしろがあると見ています。

 今回は、差しが利きにくい中京が舞台。そこは懸念材料ではありますが、シリウスSでインから差せたことは、大きな収穫だったはずです。

 今回も、同馬の走りでイメージするのは、3、4コーナーでインを回って、直線でも内をさばいて終いの脚を伸ばす――まさに一昨年のレースを制したサウンドトゥルーのような形です。 うまくハマれば、サウンドトゥルー同様、ウェスタールンドも大物食いが果たせると思うんですけどね。楽しみです。