東証親会社のCEOが減給処分に 社内規則で取引禁止の銘柄を購入

ざっくり言うと

  • 東証の親会社である日本取引所グループのCEOが、3カ月の減給処分となった
  • 社内規則で取引が禁止されている上場インフラファンドを購入したとされる
  • CEOは「この立場にある者として、重大な責任を感じている」と陳謝した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x