中国のハーフマラソン大会で258人に失格処分 レース途中の代走発覚

ざっくり言うと

  • 中国のハーフマラソン大会で、258人が失格処分を受けていたことが分かった
  • コースをショートカットしたり、途中から別人に代走させたりしていたという
  • 運営関係者は「レース中に違反行為が相次いだのは大変遺憾だ」と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x