きょう30日(2018年11月)に53歳の誕生日を迎えられた秋篠宮さまは22日に記者会見し、その映像がきのう公開された。長女、眞子さまと小室圭さんの結婚についても初めて触れた。

「毎週のように週刊誌等で報道されていることは承知しております」「私は、いまでも二人が結婚したい気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだと思います」「多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、私たちは婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」とゆっくりと語った。

いまのままでは結婚は難しいということだ。

皇室としての責任と父親としての気持ちの板挟み

TBSの牧嶋博子・宮内庁担当記者は「相応の対応が必要」と強調されたことについて、母親の金銭トラブルについて何も説明しないままアメリカ留学に行ってしまったことに不信感をお持ちなのではないか」と指摘する。

堀尾正明キャスター「しっかり説明し、みんなが納得する形でなければいけないという部分と、父親として当人同士が好き合っているなら結婚させてあげたいという気持ちとの悩みが、すごく出ていましたね」

普通に考えれば、小室さんは娘の相手としてふさわしくないと思っているということだ。