彼女に「私のことを全然わかってない!」と思われてしまうセリフ9パターン

写真拡大

彼氏なら彼女のことは何でもわかっていると思いたいもの。でも、決めつけるような言い方をすると、彼女の機嫌を損ねてしまうことがあるようです。そこで今回は、『オトメスゴレン』女性読者へのアンケートを参考に「彼女に『私のことを全然わかってない!』と思われてしまうセリフ」をご紹介します。

【1】「お前はオレ一筋だからな」
「うぬぼれてるわけ? なんかムカつく」(20代女性)というように、彼女からの愛情を当然のことのように言うと、彼女を腹立たしい気持ちにさせてしまうようです。「一筋でいてくれるから安心できる」など、自分の愛情も伝わるように言うといいでしょう。

【2】「お前は暇だからいつでも会えるよな」
「一生懸命時間を作ってるのに、何でわからないの?」(20代女性)など、彼女の努力をまったく無視したような発言で、悲しい気持ちにさせてしまうケースです。「忙しいのに時間を作ってくれてありがとう」など、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

【3】「お前は強いから一人でも生きていけるよ」
「私だって弱いところがあるのに決めつけないで!」(20代女性)など、この発言から彼女は「彼氏が本当の自分を知らない」と感じるようです。大切な人から誤解されているのは寂しいものです。「○○な部分が強いから尊敬する」など、決めつけでない言い方をしましょう。

【4】「お前は世話好きだから一緒にいてラク」
「良かれと思ってしてあげてるのに…」(20代女性)など、彼女の女性らしい心配りを当然のように受け取っていると、彼女のやる気をそいでしまうようです。感謝されたくて彼氏の世話をするわけではありませんが、「ありがとう」と言われれば嬉しいものです。こまめに感謝の気持ちを表しましょう。

【5】「お前は悩み事がなさそうでうらやましい」
「脳天気みたいな言い方しないでよ!」(20代女性)など、お怒りの女性もチラホラ…。彼氏に心配をかけないよう明るく振る舞う彼女にとって、この発言は大変酷だと言えます。特に心配がなくても「何かあったらいつでも相談しろよ」と声をかける優しさを持ちましょう。

【6】「お前は世間知らずだから仕方ないよ」
「バカにしてる。私の何を知ってるの?」(20代女性)など、自分に都合のいい女性像を彼女に押し付けるような言い方をすると、彼女をひどく傷つけてしまうようです。それが彼女の長所だと思っているなら、「世間ズレしていなくてかわいい」など、別の言い方をしてはいかがでしょうか。

【7】「お前はドライだから嫉妬なんかしないよな」
「勝手なこと言って…そんな子いるわけないじゃん」(20代女性)など、彼女の抑えた本音を理解してあげられないと、彼女をガッカリさせてしまうようです。「嫉妬深いことを言わないでいてくれて付き合いやすい」など、ポジティブな言い方をしましょう。

【8】「お前は弱いから男がいないとダメなんだろ」
「ひどい! 誰でもいいわけじゃないのに」(20代女性)など、彼女を傷つける失礼な発言だと言えそうです。「オレを頼ってくれるから嬉しい」など、彼女の女性らしい繊細な部分を傷つけない表現を考えましょう。

【9】「お前は絶対にM(もしくはS)!」
「どこでそう思ったんだろう。あんまり男の人から言われたくないな」(20代女性)など、特に恥ずかしがり屋の女性にとって、「M(もしくはS)」という決めつけは問題。「いやらしいことを言われた」と不快な気持ちにさせる可能性もあるので、軽々しく口にしないほうが無難でしょう。

ほかにも「こんな発言で彼女を怒らせた」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(大高志帆)