避難民のための集会は超満員。無事に避難できたマリブ市住民のほとんどが参加していた(筆者撮影)

「励ましの言葉はいらないから、今すぐ必要な情報をくれ!」

カリフォルニア州・マリブ市近隣の講堂を埋め尽くした1000人ほどの避難民の中から、怒りに震えた声が地元の政治家に向けて上がった。すると、「そうだ! 具体的な情報が欲しい」「そのために私たちはここに集まったんだ」という声が会場内から一斉に挙がりはじめた。

11月、アメリカ・カリフォルニア州で史上最大規模の火災が発生した。11月29日で確認された死者は88人、行方不明者は約200人だ。

同時多発的に州各地で火の手が拡大する中、富裕層が多く住む同州マリブ市の住民たちにも今月半ばには強制避難命令が下った。人口約1万3000人のマリブ市住民のうち、無事に避難できた人たちのほとんどが、隣の市の高校の講堂で開かれた緊急避難集会に参加した。

市議会議員らが壇上で語る「私たちは、今できるかぎりのことをやっています」というスピーチを、最初の30分間、避難民たちはじっと辛抱強く黙って聞いていた。

足らない情報が不安を増幅させる

だが、強制避難命令がいつ解除されるのか、いつ消火活動が終わって自宅に戻れるのか、さらに自宅が全焼したのか、無事なのかもわからず、具体的な情報を与えられない避難民たちのストレスは、しだいにピークに達した。


カリフォルニア州マリブ市の避難民のための集会。市のYouTubeチャンネルを通し生中継もされた(筆者撮影)

「災害時にチアリーダーはいらない。現場を統率できる真のリーダーが必要なんだ」と叫ぶ住民もいた。自らも避難民であり、火災で自宅を失った市議会議員の男性が壇上で取り乱し、涙する姿もあった。

そんな時、ロサンゼルス郡のチーフ保安官のジョン・ベネディクト氏が立ち上がってマイクを握り、「皆さんが怒りに震えている気持ち、私にはよくわかります。ここまでひどい災害は、私も初めて体験しています」と静かに語ると、会場の混乱が少し収まった。

マリブ市は、ロサンゼルス近郊の太平洋沿いの自然豊かなリゾート地で、ハリウッド・スターや芸能人、富裕層が多く住む地区として有名だ。プライベートビーチつきの豪邸や、サンタモニカ・マウンテン沿いの高い丘の上の広い邸宅なども珍しくない土地柄である。

国勢調査によれば、マリブ市内の住宅の平均相場は約180万ドル。1ドル113円で円換算すると2億340万円だ。隣の住民と壁1枚隔てたアパートに住む多くのロサンゼルス市民たちからすれば、山や海を一望できる場所の一軒家に住むマリブ市民たちは、「自分たちとは別世界のセレブ」の印象が強い。

サーファーたちが波乗りを楽しむマリブの美しいビーチの横にある地元のショッピングセンターには、高級ブランド店やグルメ食材の店が軒を連ね、パシフィック・コースト・ハイウェイ沿いには、人気の高級和食のレストラン、NOBUもある。


集会に参加した避難民たち(筆者撮影)

物価は高く、マリブ市のガソリンスタンドのガソリンの価格は、LA市内よりも通常、1ガロン当たり1ドルは確実に高い。マリブ市内の多くの住宅は、防犯セキュリティ会社と契約し、邸宅の庭先に植え込まれた警告サインには「侵入者には銃を携帯したガードマンが対応する」と記されているのが普通だ。

人種の多様性が全米トップレベルで豊かなロサンゼルス市とは対照的に、マリブ市の人口の約90%は白人だ。有色人種の住民はほとんどいない。当然、避難集会に集まった老若男女のほとんども白人だった。

火が回るのがあんなに早いとは!

「何とか逃げ出せたけど、自宅は全焼してしまった」


「サービスドッグ」のタグのついた犬と共に、避難集会に参加した住民(筆者撮影)

そう語るのは、マリブ住民で、ドイツ出身のマティアス・バンクさんだ。「昨日の午前中、急に自宅の電話もインターネットも通じなくなった。火は近くに迫っていなかったし風もなかったから、数時間は大丈夫だと思っていた。でも、あっという間に炎が迫ってきた」。

バンク氏は慌てて自宅の屋根の上によじ登ると、隣家の住民たちに避難するように大声で叫んで伝えた。そして、身の回りの物だけを手にクルマに飛び乗った。振り向くと最近改装したばかりの築7年の自宅が、瞬く間に火に包まれていた。

「あれもこれも持ち出せばよかった、もう少し早く準備していればと後悔することだらけだけど、火が回るのがあんなに早いとは、まったく想像できなかった」(バンク氏)

突風とともに猛烈な勢いで押し寄せる炎。それがこのカリフォルニア火災の大きな特徴だ。州北部の町、パラダイスでは、逃げる途中、車の中で焼死した住民も複数いた。

移動できるはずの車の中で焼死してしまうのはなぜなのか。消防の専門家に聞いてみた。


避難民集会には消火の指揮を執るインシデント・コマンダーを含め、消防署の隊員たちも数人参加して状況説明した(筆者撮影)

「突風の勢いは時には時速70マイル(約112キロ)にも達する。だから、車で走っていても、高速で迫ってくる炎が、竜巻のように襲いかかってくると逃げられない」

そう語るのはロサンゼルス郡消防局のセクション・チーフのケンイチ・ハスケット氏だ。

「誰しも、強制避難の時間のギリギリまで家にとどまって荷造りしたいのはわかるが、必要な薬と免許証だけを持ってすぐ逃げるように、われわれ消防隊は各家を回って伝えている。風の勢いがすさまじく、命を守るには早急に避難するしかほかに手がないから」とハスケット氏。


消防署は火災被害の状況を地図で示し、住民に情報提供(筆者撮影)

南カリフォルニアでは3500〜4000人の消防隊員たちが24時間体制で消火活動に当たっていたが、丘や森林の多いマリブ地区では、急な坂道や細い山道を大型の消防車が通り抜けるのが難しく、消火活動もかなり難航していた。

「市から避難命令が出る1時間前には早めに自宅を出て避難したけれど、1本しかない道路が大渋滞していた。モクモクと煙が立ちこめる中、5時間かかって何とか脱出した」と語るのは、過去40年間マリブに住んで、数回の火災を経験したという女性のパットさんだ(名字は本人の希望で匿名)。

さらに自宅が全焼したジェニファー・ピエトロさんは、逃げる途中、海岸でラクダに似たリャマや馬が数頭走り回っているのを目撃したという。「家をなくしてパニックになり、泣きながら海岸沿いを運転していたら、ビーチを走る動物たちがいた。牧場などで飼われていて、火災で逃げ出したんだろうけど、煙の中を走る馬やリャマたちの光景があまりに幻想的できれいで、なぜか笑いがこみ上げてきた」と語る。

多数の火事場泥棒たちがマリブに出没

そんなカオスな状況下でも、すでに多数の火事場泥棒たちがマリブに出没していた。

「車両通行止めの道路に、自転車に乗ってバックパックを背負った男がいた。住民のIDは持っておらず、調べたら火事場泥棒であることが判明した」と消防隊のハスケット氏。

さらに避難民の1人はこう証言する。「強制避難命令が出てすぐ、地元のスーパーの近くに警察の検問所ができた。銃を持った警察官たちがいるので安心だけど、そこをこっそり突破しようとする火事場泥棒も多い。泥棒たちもきっと銃で武装しているはずだから、自宅周辺には火災とはまた別の緊張感が漂っている」。

また、避難命令をあえて無視して自宅にとどまり、自分たちで消火活動をしようとした住民もいた。彼らは、避難した友人たちに現場の状況の写真をメールで送っていた。


赤十字ボランティアとして避難民を支援するグラント・グレイブスさん。彼の87歳の母親が住む家は、ギリギリ避難区域外だったとのこと(筆者撮影)

逃げてきた避難民たちに「マスクをして灰を吸い込むのを避けて」「火災の影響のある地区の水道水は、念のために1分間煮沸してから飲むように」と呼びかけていたのは、赤十字でボランティアをしているグラント・グレイブスさんだ。

マリブで生まれ育ったという彼が、人生で最初に経験した火災は1970年代で、彼は当時4歳だったという。その後、6〜7回は火災を経験し、その度に生き延びてきた。

「今回の火災が中でも最悪だ。今回はざっと100人以上の友人たちが家を失ったことになる。地元サーフショップのオーナーも店を失った。マリブはセレブ住民だけの地区のように思われているけれど、生まれた時からずっと何十年も住民だったという、自分のようなごく普通の人間も結構多い。何より住民たちの結束が固い土地なんだ」と語るグレイブスさん。

さらに「悲惨な出来事に遭えば、人間、パニックになって怒りが湧いてくるもの。いま避難シェルターでボランティアしているが、自分は身体も大きいし、赤十字のTシャツを着て任務に当たっている間は、多少は八つ当たりされても大丈夫。誰にも怒りをぶつけられない人々が、自分相手に多少は愚痴をぶつけて、彼らがちょっとでもガス抜きできるなら、それでいい」と彼は語る。

マリブ市近郊の町の公立高校などには合計4つのシェルターが開設され、医療、食糧、衣類、宿泊サービスなどのほかに、心理カウンセリングの専門家がいち早く派遣された。

1000人以上が集まった避難集会でも入り口すぐのカウンターで「カウンセリングが必要な人はいませんか。いたらこちらに来てください」とカウンセラーたちが入り口を通る人々に呼びかけていた。

その横では「FEMA」のロゴがついたジャケットを着た連邦政府の緊急事態管理局の職員たちが、避難民のたちの被害登録をすべく、一人ひとり聴き取り調査をしている。「被害の大きさによって、連邦政府からの補助金の額が決まります。必ず登録してください」と彼らが呼びかけていた。


連邦政府の緊急事態管理局のブースで、被害状況を説明する住民たち(筆者撮影)

トランプ大統領は「カリフォルニア州の森林管理が悪いから、こんな惨事になったんだ」とツイートしたが、避難集会でトランプ氏のツイートの件を口にした住民は、筆者が知るかぎり、誰もいなかった。家を失い、家族や友人が火災でケガをしたりという状況で、それどころではない、という感じだった。

家を失った避難民たちに話を聞くと、彼らの関心は、どれだけ早く自宅の再建活動に着手できるか、という点にあるようだった。

自宅を再建するには、行政からの許可証が必要だが、市議会議員のひとりが「緊急事態でも、現場をしっかり検証しないで、簡単に許可証を出すことはできない」と発言すると、会場中からブーイングの声が飛んだ。「再建の許可証がすぐ発行できないなら、せめて、タイニーハウスやRV型の簡易住宅を自宅敷地内に建てる許可を出してほしい」(前述のバンク氏)。

それほどまでに住み続けたい地区の魅力

火災のリスクの大きいマリブ地区に、それほどまでに住み続けたいという気持ちはどこから来るのか。

「私は過去40年間マリブに住んできたから言えるけど、地域の結束が非常に固くて、近所中が皆顔見知り。だからお互い助け合う土地柄なのね。それを一度味わうと離れがたくなる」とパットさん。

大都会のロサンゼルス近郊に位置しながらも、スモールタウンのような雰囲気が残るのがマリブの良さなのだと彼女は言う。

避難命令が出て数日後の地元紙『マリブ・タイムズ』の一面には「数百の家が失われ、1000人以上が避難したまま」という見出しが躍っていた。さらに同じ日の同新聞の「住宅欄」のページには、8億円から30億円ほどの価格帯の不動産の広告が写真とともに掲載されていた。プライベートビーチや巨大なプールとともに撮影された豪華な邸宅の広告写真だ。

火災の惨状の写真と豪華住宅広告の写真が同じ新聞紙面に掲載されていることが驚きだった。いったい、これらの住宅のうちいくつが焼け残ったのか、消火活動がひととおり終わった今も、まだ不明だ。