JAL副操縦士の飲酒問題 家族と離れた寂しさが理由と主張

ざっくり言うと

  • 乗務前に呼気から基準値を大幅に超えるアルコールが検出されたJAL副操縦士
  • 英・裁判官は、乗務した場合の代償は「壊滅的なものとなっただろう」と糾弾
  • 弁護側は家族と離れている「寂しさ」などから飲酒に至ったと説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x