他人の血液を自分の検体として提出 看護師を停職1カ月の懲戒処分

ざっくり言うと

  • 東京都は29日、看護師の44歳男性を停職1カ月の懲戒処分にした
  • 都立病院で他人の血液を自分の検体として提出し、業務に混乱を招いたという
  • 過去の受診歴と血液型が違い、取り違いなどを確認する事態になったそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x