提供:週刊実話

写真拡大

 11月21日、歌手の大塚愛がヒップホップグループ『RIP SLYME』のSUと離婚したことを発表した。

 2010年6月に結婚し、翌年3月には待望の長女も誕生した大塚・SU夫妻。しかし昨年4月、SUに22歳年下のモデル・江夏詩織との不倫が発覚し、離婚は時間の問題だと伝えられるようになっていた。

 そして、今回の離婚に伴い明るみとなったのは、不倫相手・江夏の異常な執着心。一部メディアによると、江夏は「私と分かれるなら自殺する」とSUに離婚を迫り、大塚と長女が在宅中の深夜にインターホンを鳴らし続ける“嫌がらせ”にも及んでいたという。

 大塚はオフィシャルサイトにて、離婚に至った理由を「子どもとの生活を守るために決断したことです」とコメント。これ以上ストーカー的行為がエスカレートし、子どもにまで危害が及ぶのを避けるための決断だったことを説明している。

 このエピソードにより蒸し返されたのが、大塚と同じく「音楽家夫婦」である今井美樹・布袋寅泰夫妻の過去。今井といえば、布袋の前妻・山下久美子から“略奪愛”をしたことで知られているが、その奪い方は江夏に勝るとも劣らない執拗な手口だった。

「初めは、今井が山下の大ファンだと言って近付き、いつしか2人は姉妹のような仲良しになったんですよ。しかし今井は裏で布袋と接近しており、山下は知らない間に旦那を寝取られていました。強烈なのは、今井の嫌がらせ。離婚前から今井は布袋のコンサートの楽屋に当然のように入っていたそう。そして布袋の日本武道館コンサート後、山下が楽屋に行くと、その日も当たり前のように今井が布袋の前に座っていたという。そこで山下が、骨折したらしい布袋の指に触れると、突然今井が『私、途中下車しまーすっ!』と叫んだそうです」(芸能ライター)

 他にも、今井は不倫中にあえて妻の山下に恋の相談をして、「心の中に広がった想いは、止められないでしょ」と言いつけたようだ。これに山下は「まあねえ…」としか返せなかったと、エッセイ本『ある愛の詩』でつづっている(著書には、「今井」の名前が出ておらず「彼女」と伏せられている)。

 大塚に対する江夏の“奇行”がいつしか実を結び、SUと再婚となったあかつきには、紛れもなく「第2の今井美樹」と呼ばれることになりそうだ。