愛らしいペットと一緒に暮らしたい……! そんな夢を抱いている堅実女子も好きなくないのでは?

仕事の疲れも吹き飛びます!

仕事が忙しかったりすると、なかなかペットを迎え入れる覚悟を決めるのは難しいものですが、近頃では、価格もお世話も比較的に飼いやすいものから、珍しいペットまで飼える時代。そこで今回は、ポータルサイト健康美人が調査した「ペットを飼うなら?」についてのアンケート結果をご紹介します。

ペットを飼ったことがある?

ある(90%)
ない(10%)

なんと90%以上の人がペットを飼ったことが「ある」と回答。実家で飼っていたり、一人暮らしや同棲・結婚などを機に飼う人も少なくありませんよね。多くの人がペットを飼った経験があるようです。過去に飼っていたペットのかわいらしさを思い出すと、また一緒に暮らしたいな、と思いますよね。

続いて、実際に飼っている、飼いたいペットを聞いてみましたので、上位10位までをご紹介します。

飼っている・飼いたいペットは?(複数回答)

1位:猫(68%)
2位:犬(54%)
3位:鳥(22%)
4位:熱帯魚(金魚)(19%)
5位:ウサギ(14%)
6位:亀(12%)
7位:ハムスター(11%)
7位:その他(11%)
9位:フクロウ(10%)
10位:ハリネズミ(7%)
10位:カワウソ(7%)

1位は「猫」、2位は「犬」となりました。ポピュラーで種類も多く、長生きしてくれたりと不動の人気のようです。
3位は「鳥」、4位は「熱帯魚(金魚)」、5位は「ウサギ」。最近は「フクロウ」や「カワウソ」なども人気で、実際にペットとして迎え入れている人が増えているようです。7位の「その他」が気になります……!

ペットとの幸せの瞬間は?

1位:癒される(65%)
2位:ぬくもりを感じる(9%)
3位:帰りを待っていてくれる(6%)
3位:撫でている時(6%)
5位:命の大切さを感じる(5%)
6位:絆を感じる(3%)
6位:その他(3%)
8位:においが好き(2%)
9位:話を聞いてくれる(1%)

やはり「癒される」が65%とトップに。ただいまーと帰宅したときに帰りを待っていてくれたり、疲れているときなどにぬくもりを感じる瞬間は幸せいっぱい!
人間よりもはるかに短命だからこそ、命の儚さや大切さにも気付かせてくれますよね。しかし大切に飼ってきたペットとのお別れ後、ペットロス後はどうしているのでしょう。

ペットロス後は?

1位:悲しみが過ぎたら考える(40%)
2位:同じ種類を新しく飼う・飼いたい(30%)
3位:もう飼わない(24%)
4位:別のペットを飼う・飼いたい(6%)

「悲しみが過ぎたら考える」が40%、「同じ種類を新しく飼う・飼いたい」が30%という結果に。家族の一員であったり、我が子のようなペットの死は、悲しみのどん底……。しかし悲しみを乗り越え、もし次に出会いがあったならば、また目一杯愛情を注ぎたいですね。

仲良く、大切に一緒に暮らしていきたいですね。

最後に、今後ペットと暮らしたいか質問したところ、「暮らしたい」(64%)、「余裕があれば」(33%)と、9割以上の人がペットと生活を共にしたいと考えていることがわかりました。可愛くてたまらないペットとの暮らしはきっと楽しいですよね。しかし、お世話やしつけなど一人暮らしだと厳しい面も。あなたのそばで癒してくれる最愛のペットを飼うときは、最期まで責任を持って愛してあげてくださいね!

【参考】※ ポータルサイト「健康美人」
【調査概要】
調査エリア:全国
調査方法:女性のためのポータルサイト「健康美人」にてアンケート調査を実施
回答数:331名