エボラ出血熱の流行に見舞われているコンゴ 死者総数は241人に

ざっくり言うと

  • コンゴ民主共和国は8月1日から、エボラ出血熱の流行に見舞われている
  • 同国の保健省は27日、これまでに241人が死亡したと発表
  • 感染例と感染疑い例を合わせると、421件になると報告している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング