梅毒の患者数が増加 放置すると合併症を引き起こして死に至る場合も

ざっくり言うと

  • 梅毒の2018年の患者数が1970年以来、48年ぶりに6000人を超えた
  • 都市部を中心に、男性は20〜50代、女性は20〜30代の患者が多いという
  • 治療せず放置すると、心臓や脳などに合併症を起こし死に至るケースもある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x