JALグループの機長から基準値の倍のアルコール検出 出発に1時間遅れ

ざっくり言うと

  • 28日朝、JALグループの機長から基準値の倍のアルコールが検出された
  • 機長が乗務予定だった便は、代わりの操縦士の手配に時間がかかって遅延
  • 出発が1時間ほど遅れたほか、あわせて4便の100人に影響が出た

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x