©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケありの弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』。

本作では、主人公・翔子が鉄道オタクぶりを発揮。劇中ではさまざまな人気駅弁も登場し、全国の鉄道ファンからも熱い視線が注がれている。

そんな同作が、第1話の劇中でもその名を轟かせた山陽本線・西明石駅の名物駅弁「ひっぱりだこ飯」(淡路屋)と特別コラボを展開。

東京駅内の駅弁販売店および新神戸・神戸・西明石駅の淡路屋自社の販売店などで、11月29日(木)から期間限定コラボ駅弁「必勝!ひっぱりだこ飯」(税込価格:1080円)が販売される。

©テレビ朝日

「ひっぱりだこ飯」は、1998年に明石海峡大橋の完成を記念して発売されて以来、ロングセラーとなっている名物駅弁。特別に焼き上げたたこ壺風の陶器容器の中に、明石ダコの旨煮や穴子のしぐれ煮、季節の野菜などが盛り付けられ、その下には特製スープで炊いた炊き込みご飯が入っている。

そんな人気駅弁が、『リーガルV』とのコラボでオリジナル仕様のパッケージに衣替え。たこのイラストが同作のイメージカラーであるピンクになっており、さらには帽子をかぶせて駅員バージョンになって登場。

また、「必勝!」の文字と大きな「Vマーク」があしらわれ、絶対に勝つために戦い続ける「京極法律事務所」らしさ満点だ。