志村けんのバカ殿様は、昭和の頃から見ている。腰元が上半身裸でうつぶせになり、ひっくり返すとおっぱいが露わになる「人間神経衰弱」に代表される、ちょっとエッチなコントが満載だった。おとなは眉をひそめ、こどもは意味もわからずゲラゲラ笑っていたあの頃と違い、いまはいろんな規制もあり、志村もやりにくそうだ。

今回も、バカ殿が眠れなくて、城内をうろつき、腰元の布団にもぐり込んだり、追いかけ回したりとちょっかいを出すコントもあったが、大半がゲストとのトークやゲームでお茶を濁していた。

この日のゲストは、ももいろクローバーZ、二階堂ふみ、バイきんぐキングら。ももクロとは投げたボールに書かれている文字を読めるか? という動体視力を競うゲームをしたり、バイきんぐは目かくしをして、顔の周りに何を乗せたかをあてるゲームをしたり。二階堂ふみとはにらめっこで、ハゲのかつらや鼻毛を描いて、全力でバカ殿様を笑わせようと奮闘する二階堂には好感がもてた。

そのほか、バカ殿様と腰元の足立梨花が宇宙に行くコントでは、これもおなじみの無重力コント。向かい合って宇宙船に乗り込む2人が反転し、そのたびに食べ物が相手の顔を直撃するというものだ。

足立が食べようとした柿の種やカップめんがバカ殿様に向かってまっしぐら。その逆パターンも。放送中からネットでは「食べ物を粗末にするな」と文句を言われていた。バカ殿様、万事休す!(放送2018年11月20日19時〜)

(白蘭)