歩道橋の手すりに糸のようなものが張られる 男児が転倒し顔を打撲

ざっくり言うと

  • 26日、神戸市の歩道橋で、小学4年の男児が転倒し顔を打撲した
  • 手すりに長さ約140センチの透明の釣り糸のようなものが張られていたという
  • 現場は神戸淡路鳴門自動車道の垂水ジャンクションから西に約2キロの住宅街

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x