「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“あなたは、わたしのもの”に“”から“最初は女から相手にされていなくても、挽回できる必勝テク”まで。さて、栄えあるベスト1は?



★第1位
有馬紅子:“自分は特別”と錯覚してしまった女の悲劇。一度味わってしまった高揚感に、狂わされた人生

ー私になりたかった?

涼子さんに手渡された写真を見ながら、私は記憶を遡ってみる。涼子さんは、私を慕ってくれる可愛らしい後輩の1人だったことは確かで…。

「これは、私が中学1年、紅子さまが高校2年生の時の写真です」

涼子さんの声に、私は写真から顔を上げた。

続きはこちら




★第2位
女の嘘:「付き合おう」は、ベッドに誘う常套句。女心を弄ぶ商社マンに、S級美女が仕掛けた罠

「...私は翔太がいないと生きていけないって、知ってるでしょ?」

潤んだ瞳で僕を見つめる奈美。

可愛らしい顔立ちに小柄で華奢な身体つきはまるで“子鹿”のようで、僕は思わず彼女を強く抱き締めました。

ふわっとした肌触りの良いニットの胸元から覗く綺麗な鎖骨、スカートの裾から伸びる小さな膝と細い足首。そして彼女からほんのりと漂う甘い香り、そのすべてが男の本能を刺激する。

続きはこちら




★第3位
略奪愛:「好きになってしまいそう...」彼氏のいる女が本能で惹かれた、年上男の魅力とは

そもそも私は、惚れっぽいタイプではない。

ドラマや漫画に出てくるような身を焦がすほどの恋に憧れはあっても「現実にはありえない」と、どこか冷めた視線を送ってしまう側の女なのだ。

…だから、思いもしていなかった。

まさか自分が、理性を超えた激情に流されてしまうなんて。

続きはこちら




★第4位
オトナの恋愛塾〜解説編〜:年収500万の男でも、これがあれば勝つ!最初は女から相手にされていなくても、挽回できる必勝テク

-28歳、かぁ。

現在、私は31歳。3歳違いとは言えども、裕翔は実年齢よりも年下に見える。

20代の時に散々食事会へ参加し、遊んできたお陰で東京の素敵な人たちにはたくさん会ってきた。

周囲はそんな高スペックな人ばかりで、最初は本当に、裕翔に興味がなかったのだ。

続きはこちら




★第5位
美しいひと:「絶対に許せない...」大好きな男が二股されていた。彼を救うため、整形美女がとった行動とは

…私だって、もし平塚くんと結婚できるなら、何もかも捨てたっていい。平塚くんが、私を選んでくれるのなら。

そんな、まるでリアリティのない妄想を止めたのは、私の斜め前に座っていたある同僚の囁き声だった。

「ねぇ。そういえば私、面白い話聞いちゃった」

周りにいる数人だけにしか聞こえないような、小さな声。含んだ表情を見せる彼女の顔を、私はそっと横目で伺った。

続きはこちら