日産自動車ルノー三菱自動車工業の3社の経営トップが、今後のグループの提携の在り方について協議することになった。カルロス・ゴーン容疑者の後任人事をめぐって日産と大株主のルノーの間で対応が別れる中、協議の内容が注目される。NHKニュースが報じた。

協議は、3社が近くオランダのアムステルダムで開くグループの会議で開催される。それぞれの経営トップはテレビ会議システムなどで参加するという。

日産の株式の43%余りを持つ大株主のルノーは、ゴーン容疑者の後任人事をみずから決めることを求めている。一方、日産内部では資本関係の見直しも含めて経営の自主性を求める意向が強まっているようだ。

日産 ルノー 三菱 3社経営トップ 提携の在り方を協議へ(NHKニュース)