厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第27回:エデリー

 あらゆる国のレースでビッグタイトルを獲得し、まさしく世界の競馬で猛威をふるっている競走馬の管理グループがある。『ゴドルフィン』だ。

 1992年に設立されたこの組織は、UAE(アラブ首長国連邦)の副大統領であるシェイク・モハメド殿下が率いる馬主・生産団体。欧州、北米、オーストラリア、アジアの4大陸にまたがり、十数カ国で競走馬を所有している。

 組織の大きさはもちろんだが、何より特筆すべきは、その成績だ。競馬の母国イギリスでは、これまでに10回以上、チャンピオントレーナーの座を射止めている。北米でも、競馬界の年度代表表彰『エクリプス賞』で最優秀馬主を受賞したことがある。

 もちろん、各国のGIを制した名馬も数多く世に送り出している。代表馬を挙げればきりがないが、GI通算4勝を挙げ、2000年のGIドバイワールドカップ(UAE・ダート2000m)で6馬身差の圧勝劇を演じたドバイミレニアムや、GI通算6勝を挙げて、2000年、2001年と当時行なわれていたワールドレーシング・チャンピオンシップ(※)で2年連続の優勝を果たしたファンタスティクライトらは、世界的に名を馳せた名馬だ。
※1999年〜2005年まで行なわれていた競馬の世界選手権シリーズ。凱旋門賞をはじめ、ブリーダーズカップやジャパンCなど、シリーズ対象レースでの成績をポイント化して年間総合順位を決定。競走馬に限らず、ジョッキー、調教師、馬主も表彰された。

 また、今年のGIイギリスダービー(イギリス・芝2410m)を勝ったマサーなど、今なお活躍馬を次々に出しており、ゴドルフィンの勢いに衰えはない。同グループが使用するロイヤルブルーの勝負服は、世界中の競馬ファンにとって、お馴染みとなっている。

 日本でも『シェイク・モハメド』名義で競走馬を走らせていたが、今年3月より『ゴドルフィン』と名義を変更。勝負服も、ロイヤルブルーをメインとしたものに一新された。

 そして今年、所有馬のファインニードルがGI高松宮記念(中京・芝1200m)と、GIスプリンターズS(中山・芝1200m)を制覇。旧名義のときから、これまで日本のGIには縁がなかったものの、ついに悲願の戴冠を遂げた。

 いよいよ日本でも本領を発揮し始めたゴドルフィン。その一大勢力から今週、注目の2歳馬がデビューする。美浦トレセンの藤沢和雄厩舎に所属するエデリー(牡2歳/父ディープインパクト)である。


ゴドルフィン期待の2歳馬エデリー

 近親には、重賞2勝、GI皐月賞(中山・芝2000m)2着などの実績を持つワールドエースがいる良血。早くから、ゴドルフィン期待の2歳馬として噂されていた。

 そのエデリー、デビューを控えた現状はどうなのか。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「エデリーは9月上旬からトレセンで時計を出し始め、以降2カ月半ほど入念に乗り込まれてきました。手元でじっくりと仕上げる藤沢厩舎としても、珍しいほどの調教量をこなしています。

 というのも、スタッフによれば『510kgほどの大型馬で、(入厩当初は)馬体が緩かったから』とのこと。しかし、今では乗り込みによって緩さも解消されたようで、スタッフは『ディープインパクト産駒らしい、スラッとした体になってきた』と話しています」

 初陣の予定は、11月25日の2歳新馬(東京・芝1800m)。鞍上はゴドルフィンの主戦ジョッキーであり、先週のGIマイルCS(京都・芝1600m)でステルヴィオを勝利に導いたウィリアム・ビュイック騎手だ。

 その注目のデビュー戦について、先述のトラックマンはこんな見解を示す。

「体もディープ産駒らしくなってきたということで、『芝の実戦で一気によくなる可能性がある』というのがスタッフの見立てです。結果を出すには、そんなふうに見込んでいた切れ味が発揮できるかどうか、でしょうね。

 実際、その兆しは調教でも見せているようで、態勢は整っています。レースにいって、どれだけの能力を見せられるのか、楽しみです」 ゴドルフィンが送り込む、期待の2歳馬。来春のクラシックへ希望が膨らむようなパフォーマンスを見せてくれるのか、注目である。