画像はイメージです

写真拡大

 男性の中には、食べ物だけでなく、好きな異性の匂いを嗅ぐのが好きという人も多い。過去、美緒さん(仮名・23歳)は、知り合い男性の行動に引いたことがあるという。

 「ある日、女友達の誕生日会に参加した時のこと。その女友達とは仲がいいのですが、それ以外の人と私は直接関わりがなく、知らない人も多い集まりでした。私は遅れて到着し、知らない男性の隣に座りました。女友達と彼は学生時代、サークルが一緒だったらしく仲が良い様子。そんな中、会の途中で私がお手洗いに行こうとした際、その男はいきなり椅子に顔を埋めたんです。お酒の席ということもあり、周りはその行動にウケていましたし、私もひょうきんな人なのかな、と特に気にしませんでした」

 だが美緒さんはトイレから帰ってきて、その男の異常さを知ることとなったという。

 「席に戻ると、男性の学生時代の話で盛り上がっていました。彼は気になる女の子の上履きや体操着の匂いを嗅いでいたと告白していたのです。正直、気持ち悪いと思いましたが、空気を壊してはいけないと、苦笑いで乗り切りましたね。その誕生日会は何事もなく終わったのですが、3か月くらい経った後、また彼と再会することになります。女友達から『近くで飲むから来ない?』という誘いがあり、隣の駅だったので、待ち合わせ場所まで自転車で行ったところ、そこにまたあの男がいたのです。私が女友達と男の元で自転車を止めて降りると、なんと彼は「う〜ん、良い匂い〜」とか言いながら、サドルの先に鼻を擦り付けていました。これには、さすがにドン引きです。居酒屋に入ってからも『サドルにまたがってて変な気持ちにならないの?』とか気持ち悪いことを聞かれて本当に嫌でした」

 それ以降友人には、その男性がいるときは絶対に呼ばないでほしいと伝えているという。

写真・Boris Tylevich