ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

「世界に通用する強い馬作り」を目指して、1981年に創設されたGIジャパンC。舞台となるのは、日本競馬の”顔”と言われる東京競馬場の、日本ダービーと同じ”クラシックディスタンス”の芝2400m。もっとも力勝負になりやすく、有利不利も少なくて、非常にタフなコースです。

 そうした舞台で行なわれるだけあって、ジャパンCは国内最高峰のレースと言えます。芝2400mの日本レコードも、このジャパンCで計時されました(※2005年のアルカセットがマーク。タイムは2分22秒1)。

「名勝負」と言われるレースがほぼ毎年繰り広げられ、その日本レコードが記録された年も、ハーツクライ(ハナ差の2着)が覚醒したレースでもあり、今なお「名勝負」のひとつに挙げられます。

 その他、第1回の激戦を制したメアジードーツの快走や、第3回のスタネーラとキョウエイプロミス、第9回のホーリックスとオグリキャップのデッドヒート、さらに第4回の日本馬として初めて勝利を飾ったカツラギエースの激走など、「名勝負」を挙げれば、きりがありません。

 そして今年(11月25日)も、まず間違いなく「名勝負」とうたわれるレースになるでしょう。それだけの出走メンバーが顔をそろえたと思います。

 願わくは、先のGI天皇賞・秋(10月28日/東京・芝2000m)を制したレイデオロにも参戦してほしかったですね。ローテーションや乗り役の問題などありますが、この舞台と同じ日本ダービーを勝っていますし。アーモンドアイ(牝3歳)との対決を、見たかったんですけどね……。

 レースの中心、話題の中心は、そのアーモンドアイです。今年の三冠牝馬で、しかもその内容が圧巻でした。

 一冠目のGI桜花賞(4月8日/阪神・芝1600m)では、正月のシンザン記念からぶっつけ、という異例のローテーションで完勝。それも、豪快な末脚を繰り出して後方一気でライバルたちを一蹴しました。

 一転、二冠目のGIオークス(5月20日/東京・芝2400m)では好位置からの”横綱競馬”で快勝。そして、そのオークスからぶっつけで臨んだ三冠目のGI秋華賞(10月14日/京都・芝2000m)でも、トリッキーなコースをまったく危なげなくクリアし、大外を豪快に回って差し切り勝ちを収めました。

 同世代、ましてや牝馬同士の争いでは、能力が違いすぎました。

 もし仮に、牡馬相手のGI日本ダービー(5月27日)に出走していても、勝っていたのではないか、と思っています。

 勝ち時計はオークスよりも、日本ダービーを勝ったワグネリアンのほうがコンマ2秒上回っていますが、終(しま)いの決め手は、アーモンドアイのほうが勝っていましたからね。ワグネリアンの上がり3ハロンは、34秒3。対して、アーモンドアイの上がり3ハロンは、33秒2でした。

 もちろん、それまでのペースとラップの影響もありますが、冒頭で触れているとおり、東京・芝2400mはとてもタフなコースです。しかも、GIという大舞台で、2分23秒台というハイレベルな決着。3歳春という時点を加味すれば、ワグネリアンの時計も十分に驚くべき数字です。

 アーモンドアイは、そんなワグネリアンより1秒以上も上回る決め手を繰り出しています。それでいて、まだ余裕があるように見えましたからね。

 ちなみに、東京・芝2400mのレースにおいて、2分24秒0より速い走破時計を記録し、なおかつ上がり3ハロンで33秒5以下の時計をマークした馬が過去にどれだけいるか、ざっと調べたところ、オークスでは皆無でした。ダービーでは、2005年の勝ち馬ディープインパクトと、今年のダービーで4着だったエタリオウ。そしてジャパンCでは、2012年の上位5頭(ジェンティルドンナ、オルフェーヴル、ルーラーシップ、ダークシャドウ、フェノーメノ)が該当するだけで、その程度の例しかありません。

 時計だけで比べられるものではありませんが、こうした例も、アーモンドアイが牡馬を含めても「世代ナンバー1」と考えられる、十分な材料になり得るのではないでしょうか。

 走りがすごく柔らかくて、しなやかで、前脚が大きく伸びることによって一完歩が大きいアーモンドアイは、おそらく普通のキャンターからして、他馬とはスピードが違うのでしょう。ゆえに、スタミナを使わずに温存でき、終いの決め手を生かせるのだと思います。

 ロードカナロアの仔ですが、距離はもっと長くても大丈夫だと思いますよ。アーモンドアイは、それほどの逸材です。

 来年は、凱旋門賞にチャレンジするのでしょう。今回の3歳でのジャパンC挑戦は、そのためだと思います。凱旋門賞へ向かうまで、ぜひ土付かずでいってほしいです。

 強敵になるとすれば、今年の中距離戦線を席巻している4歳世代でしょう。その筆頭格は、レイデオロがいなければ、やはりスワーヴリチャード(牡4歳)になりますかね。

 前走の天皇賞・秋では1番人気に推されながら、スタートで痛恨の出遅れ、直後にマカヒキとぶつかって、いきなり最後方の位置取りとなってしまいました。その結果、流れにもリズムにも乗れず、何もしないままレースが終わってしまった印象です。不運に不運が重なった典型ですね。

 ある意味で、ここはリベンジの場。レイデオロの2着となったダービーと同じ舞台ですし、昨秋には、1ハロン距離が長いものの、同じコースで行なわれたGIIアルゼンチン共和国杯(東京・芝2500m)を圧勝しています。舞台設定は申し分ないゆえ、巻き返しがあってもおかしくないと思います。


「打倒アーモンドアイ」が期待されるキセキ

 昨年の菊花賞馬キセキ(牡4歳)も注目している1頭です。

 その菊花賞は、まさしく極悪馬場。しかも、長丁場の3000m戦ですから、相当タフなレースだったと思います。

 しかしその後、休むことなく、暮れに香港遠征を敢行しました。今春の復帰してからの不振は、その強行軍の影響があったのではないでしょうか。

 それから夏を越して、秋の復帰戦となったGII毎日王冠(3着。10月7日/東京・芝1800m)では、久しぶりにキセキらしい走りを見せてくれました。続く前走の天皇賞・秋でも見せ場十分の3着と好走。まだ良化の余地を残していましたし、休み明け3戦目となる今回は、一段とよくなっているかもしれません。

 脚質的に、前で競馬ができるようになったのも好感が持てます。アーモンドアイに一太刀浴びせられるとしたら、やはり前をいく馬。今のキセキなら、その可能性はあると思います。 今年のジャパンCでは、このキセキを「ヒモ穴馬」に指名したいと思います。