縄文土器に練り込まれた500匹の「米食い虫」世界的にもまれな発見

ざっくり言うと

  • 熊本大の小畑弘己教授らが、北海道の館崎遺跡の縄文土器について調査
  • CT解析などをしたところ、約500匹の「米食い虫」が練り込まれていたという
  • 小畑教授は混入理由について、「栗の豊作の願いを込めたのでは」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x