藤川京子

写真拡大

 先週の東京スポーツ杯2歳Sで、勝ったのは札幌2歳Sで勝った馬でした。その勝った馬に札幌で差し迫ったのはクラージュゲリエ。新馬戦で豪快に勝ったJ.モレイラ騎手。コースが違うので、安易には比較出来ませんが札幌2歳S組の上位はある程度は力がある事は、実証されたと思います。そうなると、頭でなくても軸はクラージュゲリエが良さそうです。

 問題は紐です。2歳戦は成長過程のレースで、日々進化しています。持ち時計は参考程度になってしまうので、前回の走りを見て見所のある馬を探してみます。ショウリュウイクゾが上手い走りを見せていました。理想的な差しだった気がしますが、相手関係が分からないので、この馬が強いのか、他がまだ上手く走れなかっただけなのかはまだわかりません。

 気になるのは、ブレイキングドーンは前走除外で出走しませんでしたけれど、新馬戦で強い馬だと感じさせてくれるものがありました。既に、1番人気の雰囲気を醸し出しています。末脚を見ればワールドプレミアが良さそうです。それとミッキーブラックは、二枚腰を使った気がします。ラヴズオンリーユーは、外ではなく内から差して勝ちました。内で差すのは強い馬でないと出来ない事だと思います。

 クラージュゲリエの3着までは固いと思うのですが、買い方が問題です。堅く収まると安くなる可能性が大きい気がします。ここはクラージュゲリエを信じて3連単で勝負です。

 3連単フォーメーション1着固定
1着 1クラージュゲリエ
2着 9ショウリュウイクゾ、6ブレイキングドーン、2ワールドプレミア、8ミッキーブラック、ラヴズオンリーユー(出走回避)
3着 9ショウリュウイクゾ、6ブレイキングドーン、2ワールドプレミア、8ミッキーブラック、ラヴズオンリーユー(出走回避)