いわゆる「捻挫グセ」がついた状態… 専門家が羽生結弦の右足首痛を分析

ざっくり言うと

  • 2017年のNHK杯から続く羽生結弦の右足首の負傷について、ゲンダイが報じた
  • 「いわゆる『捻挫グセ』がついた状態だと思われます」と専門家は指摘
  • 靱帯が損傷しているが、足首の筋肉を鍛えてカバーするしかないと述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x