SEKAI NO OWARI、新曲TV初披露!制作秘話明かす「サビはメンバーのコンペで…」

写真拡大 (全2枚)

11月23日(金)に放送される『ミュージックステーション』で、SEKAI NO OWARIが10月11日(木)に配信リリースされた新曲『イルミネーション』を生パフォーマンスする。

今作は、米倉涼子主演のテレビ朝日系木曜ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』の主題歌として好評を博しており、今回がテレビ初披露となる。

メンバーのSaoriはこの『イルミネーション』について、「ドラマの脚本を読み、優しさと強さを色で表現しようと思って作りました」と話し、Nakajinは「ドラマ主題歌のお話をいただき、資料を見たSaoriちゃんが歌詞をフルで書いてきたのが最初。その歌詞に反応して僕がサビ以外のメロディを作り、その後サビのメロディをメンバーによるコンペで作り、採用になったさおりちゃんのメロディにFukaseが歌詞をつけました」と楽曲制作の秘話を語った。

Nakajinはさらに、「こういう形で、メンバー同士アイデアをぶつけ合って作ることは僕らの中では珍しくないのですが、よく驚かれるんですよ(笑)」と話している。

ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』の主題歌ということで意識した点については、「“強さと優しさを兼ね備えた女性=米倉涼子さん”というイメージで歌詞を書いたんです」とSaori。

米倉をイメージして作られたという楽曲『イルミネーション』、歌詞にも注目だ。

さらに番組では、SEKAI NO OWARIに向け米倉からも特別メッセージが。主題歌『イルミネーション』へのコメントに加え、米倉がSEKAI NO OWARIメンバーに聞いてみたいことをVTRで届ける。