インドの先住民に殺された米国の男性 訪問目的はキリスト教の布教

ざっくり言うと

  • インドの北センチネル島で先週、島を訪れた米国人青年が矢で射られ死亡した
  • 青年が同島を訪れたのは、キリスト教の布教のためだったと報じられた
  • 同島には約150人の先住民が暮らし、外部の者に敵対的なことで知られていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x