バスに乗ろうとした小学生を無視し転倒したのを放置 運転手を処分

ざっくり言うと

  • 京都市交通局は21日、市バスの34歳男性運転手を停職6カ月の懲戒処分とした
  • 8日、バスに乗ろうとした小学4年の男児を無視した上、転倒したのを放置
  • 男児は脚に軽傷を負ったそうで、運転手は21日付で依願退職したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x