発がん性物質を含むホルマリン液を誤投与か 担当医ら書類送検

ざっくり言うと

  • 兵庫の病院で2017年、発がん性物質を含むホルマリン液が患者に誤投与された
  • 県警は21日、業務上過失致傷容疑で担当の男性医師らを書類送検した
  • 男性医師は「ホルマリン液が入っていると思わなかった」と供述している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x