若い選手たちからは、「俺たちがこれからの代表を引っ張っていくから、先輩たちはゆっくりしてください」といったような気概を感じるよ。若手をどんどん使っていく森保監督の采配も好感が持てるし、実際に結果も残している。このままアジアカップで優勝できれば、森保ジャパンの勢いはさらに加速していきそうだ。
 
 ゴールに向かっていくスピードや躍動感は、今までの日本代表にない良さを今回のチームは持っていて魅力は十分。素早く攻撃を仕掛けるし、ディフェンスの選手もほとんどバックパスをしない。サイドにつけるパスも縦への突破に直結していて、すべてのパスが早い攻撃につながっているんだ。吉田などのロシアW杯メンバーが入っても、それは変わらないから、チームとして素早い攻撃が意識付けされているのだろう。
 
 こうした意識は、森保監督だけでなく、今までの代表監督が積み重ねてきたものだ。アギーレ監督やハリルホジッチ監督の遺産があり、そこに森保監督が肉付けしたんだと僕は思っている。日本サッカーが積み重ねてきたものが、今の代表に生かされているんだ。
 選手構成も、縦に速い戦術に合っているよね。縦に突破を狙う槍みたいな選手が多くて、アグレッシブに仕掛けて観客を楽しませてくれる。そういうチームは個人的にも好きだし、サポーターにも好評だ。一般のひとからも「新生ジャパンは面白いですね」とよく言われるからね。
 
 繰り返すようだけど、あとはタイトルの懸かった本番でどのくらいの結果を残せるか。そこが彼らの評価につながっていくから、今からアジアカップが楽しみだよ。