9月に発足した森保ジャパン。ここまで5試合を戦い、初陣となった9月11日のコスタリカ戦は3-0と幸先の良いスタートを切ると、10月シリーズではパナマに同じく3-0、ウルグアイとの一戦は4-3で競り勝ってみせる。11月シリーズのベネズエラ戦は1-1で引き分けるも、年内最後の試合となるキルギス戦は4-0とゴールラッシュで締め括った。
 
 無傷の4勝1分。上々の滑り出しと言っていいだろう。キルギス戦の後、森保一監督も「相手どうこうではなくて、我々がどういう基準を持って試合を進められるかというところで、選手たちも戦う意識を持ってやってくれた」と評価した。
 
 この5試合すべてでピッチに立った南野拓実は、コスタリカ戦で待望の代表初ゴールを挙げると、パナマ戦でも1ゴール、ウルグアイ相手には先制点と決勝点となる圧巻の2ゴールと、“3戦4発”の離れ業をやってのけた。
 
 ベネズエラ戦、キルギス戦はゴールがなく、本人も悔しさを滲ませたが、それでも残したインパクトは小さくなかった。「背番号9」も板についてきた印象で、新エース候補として周囲から寄せられる期待は高い。
 
 そんな南野は、森保ジャパンの仕上がり具合をどう感じているのか。
 
「チームとしても負けなしで(来年1月の)アジアカップを迎えられるのはよかったと思います。今日までの試合の中で、自分たちのコンビネーションだったり、ゴールに向かう形だったり、個人的には見えてきた部分がありました」
 
 アタッカーとして、とりわけ5試合で計15ゴールを積み上げた攻撃面の手応えを口にする一方で、「少しずつ、チームとして形になってきていると思う。良い形で行けるのではないでしょうか」と、新生日本代表の可能性にポジティブな見解を示した。
 
 もっとも、自身の出来については「全然、満足していない」とばっさり。キルギス戦を振り返れば、「今回、ゴールがなかったですし、チャンスもあったのに決め切れなかった」と無念がる。
 
 たしかに南野自身にゴールはなかったが、3-0で迎えた73分には、南野→堂安律とつなぎ、最後は中島翔哉のフィニッシュでゴールをこじ開ける。“新ビッグ3”候補の注目トリオによる連係は鮮やかで、南野も「律が良いアシストをしたし、翔哉もしっかり決めてくれてよかった」と語る。まさにこれこそが“ゴールに向かう形”のひとつでもあるのだろう。
 
 まずはアジアの頂点を目指す森保ジャパンにおいて、南野は不可欠なひとりとして、今後も貴重な働きを見せてくれるはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本対キルギスの美女サポーターたち!