2018年11月18日、香港特別経済区政府が、過去3ヶ月(2016年8月―2016年10月)における就業統計データを発表した。

 2018年8月―10月、香港の就業者数は前期(2018年7月―9月)から2000人減少し、387万2600人となった。
 同期、香港の就業者数は398万8600人に縮小。香港の失業者数は、2.8%となっている。

(China Press 2018:IT)