88年前に島根で誕生 現在の柴犬のルーツとなった「石」という名の犬

ざっくり言うと

  • 現在の柴犬はすべて、1930年に生まれた1頭の犬をルーツにしているそうだ
  • 島根の地犬「石州犬」で、地元で猟犬として飼われていた「石」という名の犬
  • 東京で歯科医院を営んでいた中村鶴吉氏に見出され、子孫を繁栄させたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x