認知症の患者が治療で一般病院に入院する際 45%が身体を拘束される

ざっくり言うと

  • 認知症の人が一般の病院に入院した際、45%の人が身体拘束を受けていた
  • 調査した国立がん研究センターら研究チームは「明らかに過剰な対応」と指摘
  • 「拘束のデメリットを検討し不必要な拘束を減らす取り組みが必要」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x