金正男氏の暗殺、穏やかな遺体の口元 医師が見逃さなかった異変

ざっくり言うと

  • 死亡した直後の金正男氏を見て、医師は異変を感じていたという
  • 遺体は穏やかな印象だったが、口元には乾いた血のあとがついていたそう
  • 医師の報告を受けて事件の可能性が浮上し、警察が捜査に動き出したとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x