羽生結弦が痛めた右足首 診断は3週間安静「弱いというか」

ざっくり言うと

  • 17日、フィギュアのGPシリーズ・ロシア杯で、羽生結弦が連覇を達成した
  • 試合後のインタビューで、痛めた右足首に3週間安静の診断が下されたと羽生
  • 悔しさをにじませながら、「弱いというかもろいというか」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング