画像はイメージです

写真拡大

 私たちが日常で当たり前のように口にしているものが、ある男性にとっては興奮材料となってしまう場合がある。佳奈さん(仮名・26歳)は、ある男性と行った食事でドン引いたことがあるという。

 「少しいいなと思っていた男性から食事に誘われた時のこと。彼は色々なお店を知っているらしく、ドイツビールが美味しいという所に連れて行かれました。そこではビールに合うということで、ソーセージも注文。本場のソーセージということで、皮はパリッとして中身はジューシー、普段私がスーパーで買っている食べ物とは全然違う食感で、とても美味しかったですね。他にもソーセージの種類は色々あるとのことで、彼は沢山注文してくれました」

 しかし、佳奈さんがビールやウインナーを楽しんでいる途中、彼は不自然な行動をしていたという。

 「彼はビールを飲んだりしている時、片手には必ずスマホが握られており、それを離そうとしないんです。私が『ずっとスマホ持ってるの?』と聞くと、『仕事先から急なメールが入るかもしれなくて、それをすぐ返さなきゃいけないから、手放せないんだよね』と言いました。その後、私はトイレに立ったのですが、彼のスマホの角度がおかしいと思っていた自分は、席に戻る時にこっそりと足音を立てないよう彼の背後に近づいてみたんです。すると、彼のスマホには、先ほどウインナーを食べていた私の姿が映っていました。『なにそれ!』と驚くと、彼は『あ! いや、あまりにもエロいから撮っちゃった』と正直に告白され、引きしました。きっとこのお店に連れてきたのも、それが目的だったのでしょう」

 勝手に盗撮されたことが不愉快だった佳奈さんは、2度とその男性と食事に行くことはなかったという。

写真・Ryan Snyder