17日午前、岩手県釜石市の路上で、3歳の男の子が父親が運転する車にひかれて死亡した。警察は男の子が近くにいることに気付かずに父親が車を発進させたとみて、詳しい状況を調べている。NHKニュースが報じた。

男の子は頭を強く打ち、市内の病院に運ばれたが、およそ2時間後に死亡が確認された。

父親は自宅前で子どもを車から降ろし、その後、車を前方に発進させたところひいてしまったと話しているという。

父親の車にひかれ3歳男児死亡 岩手 釜石(NHKニュース)