リトルなでしこが今大会初勝利

写真拡大

 U-17日本女子代表は16日、U-17女子ワールドカップのグループリーグ第2節で南アフリカと対戦し、6-0で快勝。20日に第3節でメキシコと戦う。

 2014年コスタリカ大会以来、2大会ぶりの優勝を目指すリトルなでしこ。ブラジルとの初戦はスコアレスドローに終わったが、この試合は南アフリカを圧倒して完勝した。前半4分に相手のボールコントロールミスからFW大澤春花が先制点を挙げると、23分にも大澤が追加点を奪い、2-0と突き放した。

 勢いが止まらないリトルなでしこは、前半37分にFW田中智子がPKを決めて3-0。41分にはキャプテンマークを巻いたDF伊藤彩羅が右足シュートを沈め、前半を4-0で終えた。後半も攻撃の手を緩めず、10分に伊藤がPKを決めると、後半アディショナルタイム1分にはFW山本柚月が右からのクロスを右足で流し込み、ダメ押し。ゴールラッシュで今大会初勝利を飾った。

 2試合を終えてメキシコと勝ち点4で並んだリトルなでしこは得失点差で首位に浮上。最終節は日本時間21日の午前2時キックオフでメキシコと対戦する。グループBの順位表と日程は以下の通り。

【順位表】

1.日本(4)+6

2.メキシコ(4)+1

3.ブラジル(1)-1

4.南アフリカ(1)-6

第1節

(11月16日)

メキシコ 0-0 南アフリカ

ブラジル 0-0 日本

第2節

(11月13日)

メキシコ 1-0 ブラジル

日本 6-0 南アフリカ

第3節

(11月20日)

日本 - メキシコ

南アフリカ - ブラジル